学生さんの権利 | 学生ローンのカレッヂ

学生さんの権利

 

最近、大手消費者金融のテレビコマーシャル等で、「学生さんには、ご融資できません」との表記をみかける事があります。
このことから、学生さんが融資を受ける事は、法律上、問題はないのか?・・という疑問を、持つ方も多いのではないかと思われます。

もし・・・「学生さんに融資をしてはいけない」という法律が存在した場合、それは日本国憲法に抵触してしまいます。
なぜならば、日本国憲法、第11条・第14条では、次のように定められているからです。


★憲法第11条★

国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与えられる。

★憲法第14条★

すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分(注・学生)又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。


以上の事から、学生さんが金銭消費貸借契約を締結することは、「正当な権利の行使である」と考えます。

尚、当社はクーリングオフ(新規契約後8日間・未成年者は16日間)を、設けてございます。
ご納得頂けず、解約ご希望の方は、クーリングオフをご活用下さい。
(契約書にも明記してありますので、安心です。)

 

学生ローンのカレッヂ